これまでは自動車で通勤する事ができる職場で働いていたため、
持ち物はそのまま自動車の車内に乗せる様子になっていた事からバッグについては、あまり拘りが無かった上に
そもそも持ち歩く機会も多くありませんでした。

しかし、転職した事により電車通勤になり歩いて移動する距離も多くなったため、
新たにバッグ選びをする必要性に迫られました。

そこで自分自身が製品を選ぶ時に気を付けたのは、
仕事で使用するアイテムが無理なく入る大きな容量を有している上に、
ファッションに違和感なく溶け込み女性の小柄な身体に合わせても自然に見えるという物を選ぶという事です。

これまでの仕事でも常にノートパソコンを持ち歩いて移動する機会がありましたが、
自動車で移動していたため特に重さについては気になる事は無かったものの、

電車通勤や徒歩移動となるとノートパソコンの扱いが大きな要点になると感じたため、
まずはノートパソコンが難なく収納できる大きさのバッグという選択範囲に絞って選定していきました。

そうした選定基準で選んでいった時に判明したのは、ノートパソコンも難なく収納できる上に
デザイン性についても申し分ないバッグを見つけ出す事ができたとしても、
昼食用のお弁当箱が収まらなかったり傾いてしまうという事です。

そこで、ノートパソコンが難なく入る上にお弁当箱も入れられる余裕があり、
尚且つ傾けずに入れられるタイプのバッグという事が選ぶ基準において前提条件であるという事が判明したため、
選ぶバッグはマチ付きの物の中から選ぶ事にしました。

ただし、やはりそのように様々な物が難なく収納できるような実用性に長けているバッグとなると女性が持つ事を考えると
少し地味であったり渋い印象になってしまう製品が多かったので、
採用されている素材やカラーに意識して補いました。

ナイロン素材だと実用性重視という印象があまりにも強くなりすぎてしまうので、
選んだのは革素材のバッグで加えて色味は比較的明るい赤色にしました。

おすすめのバッグはこちら