学生時代の頃から既に自分が他の方々よりも皮脂の分泌が多い脂肌であるという様子に気が付いており、特に複数の人と写真に写った時に自分の顔だけギトギトに光っている様子がコンプレックスでした。
もちろん、皮脂の分泌量が多い事が影響し顔の毛穴には角栓が詰まっていて黒ずみが目立ち、角栓の黒ずみを隠すためにファンデーションを厚塗りしてより一層悪化させてしまうという悪循環が生じていました。
見た目に限らず何気なく自分の顔に手で触れた時や電話した時には、スマートフォンや手にギトギトの脂が付着し自分自身でさえ不潔感を覚えていました。
ギトギトの肌のコンプレックスを解消し、清潔感が感じられる肌に生まれ変わるべくテカリ防止のためにまず行ったのは食生活の改善からです。
日々の仕事が忙しく、つい帰宅の途中にファーストフードに立ち寄り食事を済ませてから帰宅する事が多かったのですが、ファーストフードは脂肌を誘発する事を知ったためファーストフードに行かないようにし、自然由来の食べ物を意識的に摂取するようにしました。
野菜を中心とした和食を自炊するように心がけ、小腹が空いた時につい手が伸びてしまうスナック菓子などは購入せずに、木の実やフルーツを食べるようにしています。
特にバナナには皮脂量を抑制させてくれる作用があるだけではなく、皮膚炎を予防してくれる作用もあるのでテカリ防止に役立っている事に加えて、既に角栓に溜まってしまっている黒ずみや皮脂によりニキビが発症してしまう事を予防してくれる恩恵にも授かれています。
また、これまでは脂肌であるが故に皮脂はできるだけ除去した方が良いと考えていましたが、除去を徹底するほど分泌量が増えて脂肌が進行すると知ったため、クレンジングはミルクタイプもしくはクリームタイプの優しい使い心地の物に切り替えました。
そして、洗顔後や入浴を終えた後には保湿剤を塗布した後に乳液を用いて水分をキープするようにしています。